結婚指輪を決めて良い思い出づくりを行いましょう

結婚に欠かせない大切なアクセサリー

ハート

ドレスの価格帯

格安から高級品まで選んでみる

結婚式を行なう場合、式場選びでも大切ですが、最も気になるのは新婦の衣装です。新婦は結婚式で最も衆人の注目を集める存在ですから、できるだけ素敵なウェディングドレスを選んで着飾るようにしましょう。ウェディングドレスを購入した場合、近年は格安ドレスと呼ばれるものが存在しています。こうしたウェディングドレスは100,000円ほどで購入できます。一方、素材の良いウェディングドレスを選ぼうと思えば、数十万円〜数百万円ほどするのが一般的です。近年では安く質の良いウェディングドレスを手に入れるために、200,000円〜250,000円ほどのお金を支払ってレンタルする新婦が一般的です。レンタルであればこうした価格で、ブランド物のドレスを着用する事ができるのです。

日本と西洋のウェディングドレスの歴史

私達日本人がウェディングドレスを着用して結婚式を行なうようになったのは、戦後の事です。西洋風の結婚式文化が流入し、ウェディングドレスを作る設備が整ってから、日本各地に普及したのです。こうしたウェディングドレスの発祥は、元々ヨーロッパにあります。従って現在ドレスの下に着用するブライダルインナーは、私達日本人が西洋人用のウェディングドレスを美しく着こなすために開発された便利な下着なのです。ローマ時代のウェディングドレスは貴族や王族の女性だけが着用できる、高級婚礼衣装でした。色も現在のように「純白」ではなく、赤や金など多様な色を使って作っていたのが特徴的です。現在日本に存在しているドレスは多様化の傾向が見られ、様々な色のものが販売されています。